デリケートな部分の脱毛は恥ずかしいことも

 

VIO・脇脱毛恥ずかしいに関して詳しく説明している画像

 

1.夏や大事な時に向けて脱毛しておきたい

 

1-1.脱毛しない方が恥ずかしい体験をすることも

 

 

脱毛をしないで大事な時に失敗する人も意外と多いです。

 

脇の下もそうですがVラインといえば夏の時期には水着を着る機会も出てくるためそれに合わせて脱毛を行う方が多いようですが、Vラインの脱毛を行うためには下腹部を露出しなければいけませんので恥ずかしさを覚えVラインの脱毛はやらないという方もいます。

 

しかし、プールや海で水着になるときや彼氏と一緒になるときに、処理を忘れて『アソコの毛がはみ出たこと』や『ぼさぼさのままだった』によって恥ずかしい体験をしてしまうことも実際には多くの女性は経験があるようです。

 

そのため、大事な時に失敗しないように脱毛をしておくのがおすすめ!

 

 

 

1-2.恥ずかしいのは1回目だけ

 

 

恥ずかしいのは1回目だけ

 

 

Vライン脱毛などで恥ずかしいのは実際には1回目だけです。

 

これは多くの脱毛をしている女性が言っているのですが、最初は女性とはいえデリケートな部分を直接見られるのはすごく恥ずかしく感じてしまうのですが、1回目の脱毛を終えると2回目からは全然気にしなくなったという人が実際にはほとんどなんですね。

 

というのも、スタッフの方も別に変な対応をする人もいなくて淡々と脱毛をしますし、Vラインなどのアソコを見られたという経験から次は最初に比べてほとんど恥ずかしくなくなります。

 

Vラインなどは最初の一回目だけが恥ずかしいだけなので勇気を持ってください!

 

 

 

1-3.脱毛の時には紙パンツを履きます

 

 

脱毛の時には紙パンツを履きます

 

 

Vラインなど下半身の脱毛の時には紙パンツを履きます。

 

Vライン並びにIOラインを含めた脱毛処理を行っている脱毛専門エステやクリニックでは、

 

・Tバックの紙パンツが使用されていたり
・産婦人科のようにカーテン付きであったり

 

と脱毛をするときに恥ずかしくないようにしっかり配慮がなされています。

 

しかし、実際に脱毛するスタッフにはデリケートな部分やワキを見せることにはなりますが、恥ずかしいのは一番最初だけですぐに慣れてくるのでそれ以外の点では特に不安に思う部分はありません。

 

紙パンツをはいて脱毛の時ずらすだけなので慣れれば問題ないです!

 

 

 

1-4.VIO脱毛をするときの体勢

 

 

VIO脱毛をするときの体勢

 

 

脱毛する部分によって脱毛中の体勢が違います。

 

【Vラインを脱毛するときの体勢】

 

Vライン脱毛ではベッドに仰向けの状態で寝そべり、脚を片方づつガニ股に広げながら脱毛していきます。また、Vラインの側面を交互に施術していくので、ショーツをずらしながら脱毛することができ、エステティシャンから性器はほとんど見えません。

 

 

【Iラインを脱毛するときの体勢】

 

Iラインの場合もベッドに仰向けになって寝そべり、脚を片方づつ広げて脱毛していきます。ただし、Vラインのときよりも脚を大きく広げないと施術しにくくなってしまうので、エステティシャンには性器が丸見えになってしまいます。

 

 

【Oラインを脱毛するときの体勢】

 

Oラインの脱毛ではVラインやIラインと違って四つんばいで脱毛していきます。しかし、四つんばいではおしりの穴がエステティシャンの人に丸見えになってしまい、恥ずかしいという人も多いので、サロンによってはうつぶせや横向きになって脱毛できるところもあります。

 

 

 

2.VIO、脇脱毛をしないで恥ずかしい体験談

 

VIO、脇脱毛をしないで恥ずかしい体験談に関して詳しく説明している画像

 

 

2-1.プールでアンダーヘアが透けてしまった

 

 

プールや海に行くときにアンダーヘアの処理を忘れてしまって、楽しんでいるうちにそれがはみ出してしまって恥ずかしい気持ちになるというのは女性なら1度は経験ある恥ずかしい体験ではないのでしょうか?

 

私も白い水着を着てプールに行ったときにVライン部分の毛が透けて、はみ出てしまい友達に指摘されてすごい恥ずかしい体験をしたことを覚えています。

 

ワキやひざ下のムダ毛などは薄着になると良く見せる部分なので処理をしっかりとしているのですが、あまり見せる機会がなかったので油断していて脱毛に行っておけばよかったなとすごく後悔したのを思い出します。

 

 

 

2-2.ワキの見える服なのに剃らずに大失敗

 

 

これは合コンでの失敗の体験談なんですけど、久しぶりの合コンだったので気合を入れて腕を上げればわきが見えるような服を着ていったのですが、合コン直前に脇毛を剃っていないことに気づいて、、、

 

ファンデで何とかごまかしましたが、脇を見られないように注意しながらやったのでそこばっかりが気になって合コンに集中ができませんでした。大事な時に忘れないようにちゃんと脱毛するべきと反省です。

 

 

 

3.VIO、脇脱毛をして良かった体験談

 

VIO、脇脱毛をして良かった体験談に関して詳しく説明している画像

 

 

3-1.アンダーヘアのお手入れが無くて楽

 

 

何か恥ずかしい気持ちが強くて脇脱毛やVIOの脱毛は嫌だなと思っていたのですが、恥ずかしいのは1回目の最初だけでした。

 

Vラインの脱毛をするときにはTバックの紙パンツを履いて脱毛をすることができますし、1回目はさすがにデリケートな部分だったのでさすがに見せるのはすごく抵抗があったのですが、2回目からは抵抗力がついたのか意外とすんなりできました。

 

それに、お手入れをしなくて良くなったので処理を忘れて恥ずかしいということがないのでそれを考えると脱毛して良かったなと思いました。

 

 

 

3-2.生理の時にムレがなくなった

 

 

生理の時はVラインの毛があるだけで『ムレで臭くなるし、それが原因で衛生的にも良くない感じがしていたので脱毛を考えていました。

 

今ではハイジーナのように全部のVラインの毛を脱毛したわけではないのですが、それでも以前の毛の量の三分の一位になったので生理の時のムレもなくなって臭いも気にならなくなったのでストレスがなくなりました。

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

うなじ脱毛に関する画像

 うなじ脱毛!口コミが良く値段も安い脱毛サロン

 

Vラインのように『うなじ』も他人に見られると恥ずかしい部分です。現在うなじ脱毛でおすすめのサロンを公開中。