顔の産毛、メリットやデメリットを理解して透明なお肌に

 

顔の産毛に関して詳しく説明している画像

 

1.顔の産毛を剃ることの3つのメリット

 

女性の顔の産毛は剃る方が断然おすすめです。

 

ムダ毛というのは気になるもの、文字通り生えていてもムダな毛なわけですからしっかりと処理を行いたいものです。特に顔のムダ毛処理というのは目立たないようでも大切な処理の一つです。

 

目立たないと思って顔の産毛処理をしないと、顔の美しさはガクッと落ちてしまう一方です。そのため、顔の産毛を剃ったら良くなる3つのメリットをご紹介します。

 

 

 

1-1.化粧のノリが断然に良くなる

 

 

化粧のノリが断然に良くなるに関して詳しく説明している画像

 

 

産毛を剃るだけで化粧のノリが断然に良くなります。

 

顔のムダ毛は基本的には産毛となります。産毛も生えていると肌が盛り上がって産毛がない所と産毛があまりない所で凸凹になって化粧が肌に密着しづらくなってしまいます。

 

産毛を剃ることで、

 

・化粧が肌に密着してノリが良くなる
・時間が経っても化粧が崩れにくくなる
・化粧水などの浸透力も上がる

 

など、今まで産毛を剃らないで化粧のノリが悪かったり、夕方位になると化粧が崩れてくると感じている人も産毛をしっかりと処理してあげることで化粧のノリが格段に変わってきますよ。

 

産毛を処理して肌の凸凹をなくすことで化粧のノリも変わってきます!

 

 

 

1-2.お肌の明るさや透明度が上がる

 

 

お肌の明るさや透明度が上がるに関して詳しく説明している画像

 

 

産毛を処理するだけでお肌の明るさや透明度が上がります。

 

産毛一本一本は細く色も薄いのですが、産毛が集まることで全体的な暗いくすんだイメージになってしまいます。顔のムダ毛を処理するだけでお肌が明るくなり、透明感が増して印象がかなり変わってきます。

 

毎日顔を見てもどこかくすんでいる・顔に透明感や明るさを感じない場合には、顔の産毛の処理がきちんとできていないことも考えられるので、そんな時にはしっかりと産毛を処理してみてください。

 

顔の産毛を処理することであなたの顔の印象はかなり変わりますよ!

 

 

 

1-3.ニキビなどの対策にもなる

 

 

ニキビなどの対策に関して詳しく説明している画像

 

 

産毛の処理はニキビなどの肌荒れ対策にもなります。

 

顔は体の中でも汗や皮脂が出やすい部分で産毛を処理せずにいると、皮脂が産毛に絡みついてしまう結果として毛穴が詰まってしまいニキビや吹き出物など肌荒れの原因になることが多いんです。

 

顔の産毛を剃ることで皮脂は毛穴でとどまらなくなり毛穴が皮脂や汗によって詰まりにくくなるので、ニキビや吹き出物など肌荒れの予防にもつながるんですね。

 

顔の産毛を処理するだけで肌トラブルを避けることもできます!

 

 

 

2.顔の産毛を剃る頻度や方法

 

顔の産毛を剃る頻度や方法に関して詳しく説明している画像

 

 

2-1.顔の産毛を剃る間隔はどのくらい??

 

 

産毛処理の間隔はとても重要で注意しなけばいけません。

 

人によって産毛が多い少ないなどの違いがあるので顔の産毛を処理をする間隔や回数は変わってきますが、肌トラブルを起こさないためにも1週間〜2週間の間に1回産毛を処理するくらいがおすすめです。

 

しかし、気になるからと言って毎日や3日〜4日置きに処理するのは多すぎです。カミソリなどで産毛を剃っているときに同時に肌の角質もとれるので、それがお肌を明るくしたり透明感を出すためには重要なのですが、やりすぎは必要ない角質も取ってしまって皮膚を傷める肌トラブルの大きな原因になります。

 

そのため、1週間〜2週間に1回の処理くらいが肌を痛めないのでおすすめです!

 

 

 

2-2.顔の産毛を剃るタイミング

 

 

顔の産毛は剃るタイミングに関して詳しく説明している画像

 

 

顔の産毛は毛穴をしっかりと開かせてからやりましょう。

 

顔のお肌はとても敏感でデリケートなので産毛の処理をする前に、

 

・お風呂に入ってお肌を柔らかくする
・蒸しタオルでしっかりと毛穴を開かせる

 

をすることによって肌を一番傷つけないので剃ることができます。これをしないと産毛をしっかり処理できないばかりか肌を傷つけてしまうのでニキビや肌荒れなどの肌トラブルの大きな原因になってしまいます。

 

そのため、産毛の処理のタイミングはとても重要なので守ってください!

 

 

 

2-3.顔の産毛を剃る方法

 

 

顔の産毛は剃る方法に関して詳しく説明している画像

 

 

顔のムダ毛処理の基本はカミソリを使うことです。

 

地肌を痛めないためにも毛が生えている方向に逆らって剃っていくのではなく、毛の生えている方向に剃るようにしましょう。なお、剃る際は石鹸を使用して剃るのではなくクリームや乳液などを肌に塗って剃るようにしたほうがお肌の角質保護のためにはおすすめだと言えます。

 

顔の産毛を肌を傷つけずに処理する方法は、

 

・毛の生えている方向へ剃る
・石鹸ではなく乳液などを付けて剃る

 

この方法を意識することが重要です。石鹸を使用してしまうと皮脂や角質がカミソリで剃る前に取れてしまうので、肌へのダメージが大きくなって肌トラブルになる可能性があるので注意しましょう。

 

顔の産毛を剃るにも順序や良い方法があるので参考にしてください!

 

 

 

2-4.毛抜きでは絶対に処理をしない

 

 

毛抜きでは絶対に処理をしないに関して詳しく説明している画像

 

 

毛抜きで産毛の処理をするのは危険です。

 

毛抜きはカミソリを同じようにお手軽にムダ毛や産毛の処理ができるので多くの方が利用している方法なのですが、実は毛抜きで処理をするとお肌に深刻なダメージを与えます。

 

毛根は毛穴よりも太く大きいので、毛抜きで抜くときに毛穴を無理やりこじ開けながら抜かれるためその分ダメージも大きく色素沈着などの肌トラブル、毛穴が大きくなってしまう原因にもなります。

 

毛抜きはムダ毛処理でも最も肌にダメージを与える方法です!

 

 

 

2-5.産毛処理の後はしっかりと保湿を

 

 

産毛処理の後はしっかりと保湿をに関して詳しく説明している画像

 

 

処理が終われば化粧水・乳液で保湿をしましょう。

 

カミソリでの処理は古い角質や皮脂を一緒に取っており、また肌も傷ついている状態になっているので、化粧水・乳液で保湿をすることで敏感になっているお肌もトラブルになりにくい状態にできます。

 

角質や皮脂を取るということは肌のバリア機能が弱って乾燥している状態なので、少しの刺激でもかゆみやニキビなどの原因になってしまうので処理後の保湿はとても重要なんです。

 

そのため、処理の後にはしっかりと保湿をするように心がけましょう!

 

 

 

3.顔の産毛処理Q&A

 

顔の産毛処理Q&A

 

 

3-1.【Q】剃ったら産毛が濃くなりませんか?

 

 

【A】剃ったことが原因でムダ毛が濃くなることはありません。

 

『顔の産毛を剃ると毛が濃くなる』と思っている人がいるかもしれませんが、剃る前は毛の先端が細くなっているのに対して、剃った後は根元に近い太い部分が見えやすくなるので、濃くなったように見えるだけです。

 

また、毛に対して斜めからカミソリの刃があたると剃った後の断面が広くなり、毛が太く見えやすくなります。そのため、剃るときにはカミソリの刃が毛に対して水平にあたるよう、空いている方の手で剃りたい部分の近くを軽く押さえて産毛を立たせてあげるといいでしょう。

 

剃った後に毛が濃く見えるのは先端の細い部分が無くなったからです!

 

 

 

3-2.【Q】自分で剃る以外に良い処理方法はありませんか?

 

 

【A】床屋さんで産毛を剃ってもらうのもおすすめです。

 

産毛の処理を自分でやるのが怖かったり、自信がないという人には、理容店(理髪店)で産毛を剃ってもらうのもおすすめです。

 

最近では理髪店でも女性歓迎や、顔剃りだけでもOKというお店が増えてきて、料金も地域差があるようですが、1回1,000円〜3,000円でおこなってくれます。

 

床屋さんで顔剃りをしている女性は増えています!

 

 

 

3-3.【Q】肌トラブル対策で良い方法はありませんか?

 

 

【A】脱毛サロンの顔脱毛を検討してみましょう。

 

産毛処理の方法や頻度、処理後のケアをどんなに頑張っても肌トラブルがおこってしまうという人はサロンで顔脱毛をするのもおすすめです。サロンで顔脱毛すれば自己処理の頻度が少なくなるので、肌トラブルが起きにくくなります。

 

また、サロンによっては脱毛効果だけでなく、自己処理が原因の黒ずみや、硬くなってしまった肌を柔らかくするなどの美顔効果まで期待できるところがあります。

 

脱毛サロンに通えば美顔効果も期待できます!

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

うなじ脱毛に関する画像

 うなじ脱毛!口コミが良く値段も安い脱毛サロン

 

うなじ脱毛をするときにどんなサロンを選べば良いのか徹底的に解説しています。脱毛サロンをどこで選んだら良いのか悩んでいる方におすすめのサロンをご紹介しています。