脱毛をするとき本当に痛いの?

 

脱毛痛いに関して詳しく説明している画像

 

1.脱毛と痛みの関係

 

脱毛をする時には毎回痛いのでしょうか?
脱毛するに当たってもっとも懸念されるのが痛みについてです。

 

脱毛をする時にどうして痛いのかご紹介します!

 

 

 

1-1.脱毛が痛い理由とその原因

 

 

脱毛が痛い理由とその原因

 

 

どの脱毛方法で脱毛をしても痛みが出てきます。

 

脱毛は毛をするためには脱毛サロンであればフラッシュ脱毛・医療クリニックであればレーザー脱毛で毛根を焼切る必要があるのですが、毛根を焼ききって毛根の細胞分裂を止めるためにはどうしてもある程度の熱が必要になってきます。

 

フラッシュ脱毛でもレーザー脱毛でもその光が毛根の黒い部分のメラニン色素に反応して毛根を焼くので、脱毛をする時には光で毛根を焼き肌に影響があるので脱毛では痛みがある程度出てきます。

 

脱毛では毛根を焼き切る必要があるので痛みが出てくるんです!

 

 

 

1-2.脱毛は部位によっても痛みが違う

 

 

脱毛は部位によっても痛みが違う

 

 

脱毛の痛みは部位によって痛みが大きく変わります。

 

脱毛ではあまり痛くない部位とかなり痛い部位があります。

 

痛み

部位

あまり痛くない

・顔脱毛(ひげは除く)

・腕の脱毛

・背中の脱毛

かなり痛い

・Vライン脱毛

・Iライン脱毛

・Oライン脱毛

・脇脱毛

 

 

なんでこのように分かれるからというと、脱毛は濃く、黒い部分に反応するため、比較的女性でも毛が濃くなりやすいVIO部分や脇の部分は脱毛の痛みがかなり強く感じることが多いんですね。

 

さらに、かなり痛い脱毛の部位は皮膚が比較的薄く、脱毛の刺激を他の部位に比べて敏感に感じてしまうことが多いのでこの部位の脱毛はかなり痛いという大きな特徴があります。

 

痛みが強い部分の脱毛をするときには数分の間は我慢が必要になります!

 

 

 

1-3.人によっては痛みの感じ方はそれぞれ

 

 

人によっては痛みの感じ方はそれぞれ

 

 

脱毛の痛みは人によって感じ方はかなり違います。

 

脱毛の痛みの感じた方は人によってそれぞれなので、極端な言い方をしてしまえば『脱毛を痛いという人』もいれば、『脱毛を痛くないと感じる人』も意外と多くいます。

 

また、最近の脱毛サロンの施術は進化しているので、最初は痛みを感じることもありますが、毎回毎回ムダ毛のは薄くなっていくので痛みは一回ごとに弱くなってくるので最初の3回〜4回が我慢が必要になります。

 

脱毛は毎回ずっと同じように痛いということはまずありません。

 

 

 

2.脱毛の痛みを感じたくない場合には

 

脱毛の痛みを感じたくない場合に関して詳しく説明している画像

 

 

2-1.脱毛サロンでの脱毛はそこまで痛くない

 

 

脱毛サロンでの脱毛はそこまで痛いわけではありません。

 

脱毛サロンでの脱毛は、医療行為ではないので医療脱毛に比べて大きく出力を落として脱毛をしているので、脱毛サロンの光脱毛、フラッシュ脱毛による痛みは実際にはそれほどないので安心してください。

 

脱毛サロンで主流になっている光脱毛は、毛根部分に熱でダメージを与える方法です。光自体は熱を持っているわけではないので、照射時の痛みは少ないです。どうしても痛みが不安な場合は、キャンペーンでの体験脱毛がおすすめです。実際にどの位の痛みかわかりますからね。

 

脱毛で痛みをあまり感じたくない人は脱毛サロンがおすすめです!

 

 

 

2-2.脱毛クリニックの場合には麻酔クリームを塗ってもらう

 

 

脱毛クリニックの場合には麻酔クリームを塗ってもらう

 

 

脱毛クリニックの場合には麻酔クリームを塗ってもらう方法もあります。

 

永久脱毛をするためには脱毛クリニックでレーザー脱毛をしなければいけないのですが、その時には脱毛サロンに比べて出力が強いので痛みが出やすいという欠点があります。

 

そのため、痛いのが嫌という人は出力を弱めてもらうという選択肢もあるのですが、出力を弱めることによって脱毛効果が弱まってしまい永久脱毛ができない可能性があります。

 

そこで、多くの脱毛クリニックでは痛みに対して弱いことを相談しておくと脱毛前に麻酔のクリームを塗ってもらえます。麻酔のクリームを塗って脱毛をすれば脱毛効果を維持しながら痛みを感じずにできるので非常におすすめです。

 

別料金にはなりますが痛みが強い場合には麻酔クリームを塗ってもらうこともできます!

 

 

 

2-3.ニードル脱毛は辞めておく

 

 

ニードル脱毛は辞めておく

 

 

痛みが恐ろしく強いのでニードル脱毛の契約は辞めておきましょう。

 

ニードル脱毛は毛穴部分に針を刺して毛根に到達したら高周波の電気で毛根を焼き切り永久脱毛の効果があります。説明しているだけでもわかると思いますが、毛穴にさすのでその痛みと毛根を焼き切るときの痛みで2重の痛みで脱毛で一番痛みの強い方法です。

 

一本一本毛穴から刺して脱毛を行うので脱毛の効果は一番あるのですが、痛みが強く一本一本やるので全身などの広い部分には向いていない脱毛方法なんです。

 

ニードル脱毛は痛みが一番強い脱毛方法なのでやめておきましょう!

 

 

 

2-4.生理や体調が悪いときの脱毛は避ける

 

 

生理や体調が悪いときの脱毛は避ける

 

 

ホルモンバランスが崩れているときは脱毛の痛みを感じやすくなります。

 

生理や体調不良のときはホルモンバランスが崩れた状態にあり、肌が少しの刺激に対しても過敏に反応してしまいます。そのため、生理や体調不良のときは普段なら脱毛をしても痛みを感じなかったのに痛みを感じたり、痛みが増したように感じてしまいます。

 

そのため、生理や体調不良の日には脱毛ができないサロンやクリニックが一般的です。また、生理や体調不良によって肌荒れや火傷などの肌トラブルが起こってしまった場合には、肌の状態がもとに戻るまで脱毛をすることができません。

 

生理などで肌トラブルが起きてしまうと治るまで脱毛できません!

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

うなじ脱毛に関する画像

 うなじ脱毛!口コミが良く値段も安い脱毛サロン

 

サロンの脱毛は痛みがほとんどないのでおすすめです。うなじ脱毛でおすすめのサロンはこちら。