毛周期のタイミングで脱毛をすることが重要

 

毛周期のタイミングで脱毛をすることが重要に関して詳しく説明している画像

 

1.毛周期のサイクルに沿って脱毛をすることの意味

 

1-1.毛周期とは

 

 

脱毛する際、毛周期ってよく言われますが何なのでしょう。
毛周期と言うのは、簡単に言うと毛が成長して抜け落ちるまでのサイクル、周期を指します。

 

毛周期には、

 

成長期:細胞分裂が活発に起こって新しい髪の毛が伸びてくる
退行期:細胞の活動が弱くなって成長が止まる
休止期:髪の毛が抜けて新しい毛を作る準備をする

 

という3つのサイクルがあります。毛というのは、生えては抜け落ちるということを繰り返していて、この周期を毛周期と言います。

 

毛周期のタイミングで脱毛をすることが重要に関して詳しく説明している画像

 

毛は、成長期、退行期、休止期を繰り返していて、抜け落ちたところからは新たに毛包が生え始めます。髪の成長期は5〜7年ほど続くと言われていて、3週間ほど退行期があり、休止期を迎えます。毛の生えかわりのサイクルが毛周期で、ムダ毛を抜いてもそれが成長期の場合、皮膚の下でスタンバイしていた新毛がすぐに生えてきます。

 

そのため、脱毛する場合、毛周期に沿って定期的に処理していく必要があります!

 

 

 

1-2.毛周期のサイクルに沿って脱毛をすることが重要

 

 

毛周期のサイクルに沿って脱毛をすることが重要

 

 

脱毛は毛周期に沿って行うことで効果が出てきます。

 

脱毛をするときには毛周期のサイクルに合わせて脱毛をしなければいけません。実際には成長期の毛のタイミングに合わせて脱毛をする必要があります。

 

なぜなら、成長期以外の期間に脱毛しても意味がないからです!

 

成長期の毛というのは細胞分裂が盛んにおこなわれているために、毛が成長するために必要な期間になってきます。その成長を促している期間に脱毛をすることで脱毛の効果が現れてくるからなんです。

 

そのため、退行期・休止期の毛根に光を当てても基本的に効果はないので、成長期のタイミングに合わせてある一定のサイクルで脱毛を行うことがとても重要です。

 

 

 

2.各部位ごとの毛周期・脱毛期間

 

各部位ごとの毛周期・脱毛期間

 

 

2-1.毛周期の間隔に合わせるため脱毛は長くなる

 

 

脱毛は毛周期に合わせるため期間がどうしても長くなります。

 

実際に皮膚表面に出ている成長期の毛は全体の10分の1といわれていて毛周期は生えている部位によって異なるので、その毛周期に沿って脱毛を行っていくことで効率よく成長期の毛だけに絞って脱毛を行うことができます。

 

ほとんどの部位の毛周期は2ヶ月〜3ヶ月のサイクルで回ってくることが多いので、脱毛サロンの脱毛の予約も2ヶ月〜3ヶ月の間隔・タイミングで行うことが多いんです。

 

このため、ほとんどの部位で脱毛の間隔は2か月のタイミングで行うことになります!

 

脱毛で満足感を感じるためには6回〜9回以上といわれているので、脱毛する部位によっても大きく違うのですが、脱毛をする期間が1年〜2年以上かかってしまうんですね。

 

 

 

2-2.各脱毛部位の脱毛期間

 

 

各脱毛部位の脱毛期間

 

 

部位によって脱毛期間や回数が変わってきます。

 

そのため、脱毛を間に合わせたい時期がある場合には以下の表を参考にしながら脱毛を始めるのがおすすめです。

 

部位

回数

期間

うなじ・襟足脱毛

8回〜10回

8ヶ月〜1年

脇脱毛

8回〜10回

8ヶ月〜1年

ひざ下脱毛

10回〜12回

1年半〜2年

Vライン脱毛

10回〜12回

1年半〜2年

 

この表は脱毛をして、

 

・自己処理がほとんどいらない
・満足いく脱毛ができた

 

という基準で作成しているので脱毛効果は3回、4回でも間違いなく出てきますし、人によってはもっと少ない回数で満足いくという方も多いので参考程度にしておいてください。

 

間に合わせたい時期に合わせたい脱毛を開始する目安にしてください!

 

 

 

3.夏までに脱毛を仕上げるために

 

夏までに脱毛を仕上げるに関して詳しく説明している画像

 

3-1.脱毛のスケジュールを決めることが重要

 

 

夏までに脱毛を終わらせるためにはスケジュールを決めることが重要です。

 

毛には毛周期というサイクルがあってその通りに脱毛をしなければいけないという話をしてきましたが、夏までに脱毛を仕上げるためには最低でも、

 

・脱毛の回数で6回
・脱毛期間で6ヶ月〜8ヶ月

 

の回数、期間で脱毛サロンに通わなければいけません。

 

脱毛を一回すれば終わりと考える人が多く夏前に脱毛を開始する人が多いですが、一回では効果はほとんどでませんし、予約がどうしても多くなるので希望の日時で予約が取れない可能性があるので注意が必要です。

 

そのため、6月位に間に合わすためには9月、10月から始める必要があります!

 

 

 

3-2.脱毛にかかる期間はサロンごとに違う

 

 

脱毛にかかる期間はサロンごとに違う

 

 

脱毛サロンごとに1年間で何回脱毛ができるかが決まっています。

 

夏までに脱毛を間に合わせたいと思っても、実はサロンによって1年間で何回の脱毛ができるかが決まっているので、1年間の脱毛回数が少ないサロンだと、脱毛が夏までに間に合わない可能性があります。

 

そこで、

 

・人気サロンでは1年間に何回脱毛ができるのか?
・全身脱毛6回にかかる期間はどれくらいか?

 

これらをまとめて表にしてみると、

 

1年間の脱毛回数

全身脱毛6回にかかる期間

キレイモ
(月額制)

6回

1年

銀座カラー
(新全身脱毛)

8回

8ヶ月

エタラビ
(真360°脱毛)

4回

1年半

ミュゼ
(全身脱毛コース)

6回

1年

シースリー
(脱毛し放題)

4回

1年半

脱毛ラボ
(月額制)

3回

2年

 

 

脱毛に1番長い期間が必要な全身脱毛では、1年後の夏までに脱毛を間に合わせようとすると、キレイモ、銀座カラー、ミュゼに通う必要があります。

 

1年後の夏までに脱毛を仕上げるにはサロン選びが重要です!

 

 

 

3-3.脱毛時期に日焼けにはご注意

 

 

脱毛時期に日焼けにはご注意

 

 

脱毛時期に日焼けをしないように注意しましょう。

 

脱毛で利用するレーザー脱毛やフラッシュ脱毛は黒いメラニン色素に反応して、そのパワーを利用して毛根を焼き切って脱毛を行っていく方式になります。そこで、日焼けをしているとやけどをしてしまう可能性があります。

 

そのため、日焼けをしてしまうとレーザー脱毛はもちろんのことですが脱毛サロンのフラッシュ脱毛もできなくなり、夏までのスケジュールが狂ってしまうことも考えられるので脱毛時期に日焼けは注意してください。

 

9月は日が強いことも多いので日傘や日焼け止めは塗りましょう!

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

うなじ脱毛に関する画像

 うなじ脱毛!口コミが良く値段も安い脱毛サロン

 

うなじ脱毛をするときにどんなサロンを選べば良いのか徹底的に解説しています。脱毛サロンをどこで選んだら良いのか悩んでいる方におすすめのサロンをご紹介しています。