妊娠前後・生理中の脱毛は問題あり?

 

妊娠・生理中の脱毛に関して詳しく説明している画像

 

1.妊娠しているときの脱毛サロンの対応

 

1-1.妊娠中の脱毛はトラブルが起きやすい

 

 

妊娠中は脱毛エステに通う事はできません。

 

できないわけではありませんが、妊娠中の脱毛を行っていないエステがほとんどで、妊娠していることが判っているのであれば、脱毛エステで脱毛をすることができません。

 

というのも、妊娠中はホルモンバランスが通常の状態ではなくなってしまうために、

 

・脱毛の効果が少ない
・肌トラブル起きてしまう

 

などトラブルが起きる可能性があるんです。

 

脱毛をしたところで肌トラブルや脱毛の効果が出ないことが多いのです!

 

 

 

1-2.妊娠中は脱毛を延期するべき

 

 

妊娠中は脱毛を延期するべきに関する画像

 

 

妊娠中は脱毛は延期をするのをおすすめします。

 

今のところ胎児に与える影響はないとされる声が多いのですが、それも絶対ではないでしょう。しかも、妊娠時のホルモンのバランスで脱毛の効果もうすくなってしまうので脱毛をする意味も少なくなってしまいます。

 

妊娠を隠して脱毛する事に対してペナルティを設けているエステは殆ど無いですが、自分へのペナルティは少なくないかもしれません。妊娠は女性であれば、する可能性のある状態です。

 

ほとんどの脱毛サロンでは妊娠が分かった段階で脱毛を中断の処理をするのが一般的ですので、妊娠中は脱毛をできるだけ避けるのが母胎のことを考えてもベストな選択でしょう。

 

妊娠が分かれば脱毛サロンに相談して脱毛は中断しましょう!

 

 

 

1-3.妊娠中は自己処理を中心に

 

 

妊娠中は自己処理を中心にに関する画像

 

 

妊娠中のムダ毛の処理は自己処理を中心にしましょう。

 

妊娠中は脱毛サロンを中断しているのでムダ毛の処理は家庭用の脱毛器などを利用せずに、カミソリやシェーバーなど比較的肌に優しい方法でムダ毛の処理を行うようにするのがおすすめです。

 

妊娠中はどうしても肌の状態が敏感になってしまいがちになるので、毛抜きや除毛クリームで自己処理をしてしまうと肌トラブルになってしまう可能性も否定できません。

 

妊娠中の自己処理は肌に優しいカミソリやシェーバーで行いましょう!

 

 

 

2.授乳中は脱毛が可能なの?

 

授乳中は脱毛が可能なの?に関して詳しく説明している画像

 

 

2-1.授乳中の脱毛も脱毛サロンでは脱毛はできない

 

 

実は出産が終わっても授乳中は脱毛はできません。

 

出産して授乳を行っている期間は、妊娠中と同様にホルモンバランスが崩れています。もう出産して赤ちゃんは外にいるので脱毛も問題ないという気もしますが、ほとんどのサロンでは授乳中の脱毛は断っています。

 

授乳中に脱毛ができない理由というのは、

 

・脱毛の効果が期待できない
・肌が荒れてしまう可能性が通常時より高い
・脱毛時の痛みが強くなる可能性

 

など、これは赤ちゃんに支障があるというよりも、ホルモンバランスの崩れている母体の脱毛に効果が期待できないことが理由です。肌の状態が正常でないので、思わぬトラブルにも繋がります。

 

そのため、授乳中の脱毛はしない方が実はよいんですね!

 

 

 

2-2.授乳中の脱毛は母親のストレスにつながります

 

 

授乳中の脱毛は母親のストレスにつながりますに関する画像

 

 

授乳中の脱毛は母親のストレスにつながるんです。

 

正常時より痛みが強い、いつもは問題なく施術できる箇所が腫れる、などとなるとせっかくきれいになろうとしてやっていることなのに、ホルモンバランスでただでさえストレスがたまってしまうのに脱毛でもストレスが溜まってしまいます。

 

ひどくなると正常の肌に戻らなくなってしまうかもしれません!

 

特にVIOラインはデリケートな部分ですので、痛みは通常時でも多めです。生理中などもそうですが、ホルモンバランスが崩れている授乳中の脱毛もデリケートゾーンの脱毛は非常に痛みが増してしまうということもあります。

 

 

 

2-3.脱毛再開の目安は?

 

 

脱毛再開の目安は?に関する画像

 

 

生理の来るタイミングが元に戻ったら脱毛再開の目安です。

 

ほとんどの脱毛サロンでは脱毛再開の目安を『生理が戻ったら』としているところがほとんどですが、

 

・生理が2回以上来たら
・生理周期が安定したら

 

このように、サロンによってはもう少し慎重に脱毛再開を判断するところがあるので、あらかじめ無料カウンセリングなどで確認しておくといいでしょう。

 

また、生理が戻っても赤ちゃんを母乳で育てている人は、脱毛による乳腺への影響を避けるために胸全体(乳輪などを含む)やワキ脱毛が授乳期間が過ぎるまで行うことができないサロンがほとんどです。

 

生理が戻っても授乳期間は胸やワキ脱毛ができません!

 

 

 

3.生理中のときの脱毛サロンの対応

 

生理中のときの脱毛サロンの対応に関して詳しく説明している画像

 

 

3-1.生理中は肌が敏感に

 

 

生理中は肌が敏感な状態になっているんです。

 

そもそも何故生理中の脱毛の是非が問われるのかといえば、生理中はどうしても肌が敏感になる傾向にあるので脱毛の痛みが増加してしまうしまうということが理由のひとつとして挙げられます。

 

肌が敏感になると脱毛で悪い影響が出ることもありえます!

 

そのため、普段痛みを感じないような人でも脱毛の時に痛みを感じてしまうことも少なくありません。そのため、できるだけ生理中には脱毛は避けた方が良いという大きな理由になります。

 

 

 

3-2.肌あれやダメージを受けることも

 

 

肌あれやダメージを受けることもに関する画像

 

 

生理中の脱毛で肌荒れや肌トラブルが起きることもあります。

 

現在の脱毛方式の主流は光脱毛ですが、これに使われる光は熱エネルギーを発生させるため毛の周りの肌も熱くさせます。言ってしまえばごくごく軽い火傷状態です。普段の状態では問題がなくても、もしかしたら生理中の敏感な肌にとってはダメージを受けるかもしれません。

 

そしてこれはその時の体調や個人の体質にもよるので、一概に生理中だからダメージが出やすいとか大丈夫だなどと言い切ることはできないのです。恐らく脱毛サロンやクリニックでは生理中の脱毛施術に積極的ではないでしょう。

 

そのため、脱毛をしている時期に生理になった場合には、

 

・脱毛サロンに相談してみる
・脱毛の予約を生理が終わってからにする

 

など、生理になって無駄なトラブルが起きないように注意しましょう!

 

 

 

3-3.部位によっては脱毛は可能

 

 

部位によっては脱毛は可能に関する画像

 

 

部位によっては生理中でも脱毛は可能です。

 

生理中でもあまり普段と変わらない状態だという人も中にはいますし、脱毛サロンでは生理中はVIO脱毛はできないというところが多いのですがその他の部位では脱毛が可能というところがほとんどです。

 

そのため、生理でも肌の状態や体の変化をほとんど感じない場合には脱毛をすることが可能になるので、その点も脱毛サロンのスタッフに相談してみるといいでしょう。

 

VIO脱毛以外であれば生理中でも脱毛は可能です!

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

うなじ脱毛に関する画像

 うなじ脱毛!口コミが良く値段も安い脱毛サロン

 

妊娠、出産後はうなじや襟足が濃くなることも?うなじのムダ毛でお悩みの方はこちら